パソコンを使用する男性

中古ドメインは以前のサイトの評価やバックリンクを受け継いだままで導入できますので、質の良いバックリンクを持っている場合には非常に価値があります。
しかし、優良な中古ドメインは高額な上、ある程度知識を持つ人が調査を行い、分析しなければならないなど、探し方も複雑です。
さらに、うまくランクの高い中古ドメインを手に入れられたとしても、サイトを構築するときに使い方を間違うとその価値を活かすことができません。
そこで、こちらでは質の良い中古ドメインの探し方や、優秀なドメインを導入した後の使い方などについてご紹介していきます。

中古ドメインのSEO評価と求められる理由

中古ドメインとは、他のサイトで以前利用されたことがあるドメインです。
ドメインは取得から1年で更新することになっていますが、期限切れで放置されたものや契約を解除されたものは中古ドメインとして第三者が使用できます。
中でも、質の良いバックリンクを引き継ぐものやGoogleのページランクが高いもの、運営歴が長いものなどは、それだけである程度SEO効果が期待できるために高額で取引されています。
一方で、違法行為に使われていたドメイン、バックリンクを増やすためにペナルティ行為を行っていたドメインなどは検索サイトからの評価が低く、その情報も引き継ぐためにリスクにもなりえます。
なお、中古ドメインはドメインエイジも引き継がれているため、Google側から見ると長く運営してきた、質の良いサイトと認識されます。
つまり、サイト自体は新規で立ち上げていても、中古ドメインを使うことで歴史あるサイトと認識されるのです。

インデックスされるのが早い

そして、以前のサイトで使われていた時から既に検索エンジンに認識されているため、インデックスされるタイミングが早いというメリットもあります。
インデックスが早いということは、新規ドメインで立ち上げたサイトよりも検索結果で上位表示されやすく、検索によるサイトの認知度を高めやすい状況となります。
また、Googleの指標であるページランクもドメインが引き継いでいます。
ページランクの高さというのはネット上での信頼性の高さでもありますので、SEO施策としてより有利なドメインであることは間違いありません。

元の評価やバックリンクを受け継げる

高い評価を得られやすいというだけでなく、中古ドメインではさらに以前のサイトのバックリンクも受け継いでいます。
一度運営されたドメインは、他のサイトからのリンクがついていますが、通常は徐々に知名度を上げて多くの人にアクセスしてもらい、より質の高いバックリンクを多く集めるために膨大な時間と手間を費やします。
中古の場合、これが最初からついてくるため、運営の負担が大幅に軽減されます。
加えて、そのドメインに対するカテゴリ登録も受け継いでいます。
Yahoo!カテゴリ登録やクロスレコメンド、Jエントリーなどのカテゴリ登録も引き継がれますので、費用や手間は大幅に軽減できます。
ただし、バックリンクの購入はペナルティ行為となっており、中古ドメ インを購入してカテゴリ登録等が増えた場合には注意が必要です。
引き継がれているデータが有料で購入したものや違法行為で取得されたものであるときは、新たに立ち上げたサイトの評価が下がる可能性があることも考慮しましょう。

このように、以前使用されていたドメインは、質の良いものであればSEO評価が何もしなくても高くなります。
ただし、単純に引き継ぐバックリンクやカテゴリ登録が多いかどうかだけでなく、正当な手段で時間をかけて構築してきた、優良なドメインであることが条件となります。
また、このようなドメインは多くの企業や個人から需要があり、高額で取引されます。
失敗しないドメインの選び方を知っておかなければ、高い買い物になることもあります。

記事一覧

新規取得したドメインはGoogleによってエイジングフィルターなるものにかけられます。 これによって...

中古ドメインにバックリンクツールを使用すると、ドメインのバックリンク数やリンク元のページタイトル、U...

中古ドメインを使用する時に、過去に運用されていた内容で自分のサイトにも影響が出る場合があります。 よ...

手間暇かけて価値のある中古ドメインを入手したとしても、使い方次第でその価値を失う可能性があります。 ...

さまざまなデータを過去のサイトから引き継ぐことができる中古ドメインは、SEO施策として考えたときにメ...