• ホーム
  • 中古ドメインの価値を最大に活かす使い方

中古ドメインの価値を最大に活かす使い方

リンクのURL

手間暇かけて価値のある中古ドメインを入手したとしても、使い方次第でその価値を失う可能性があります。
中古ドメインを入手したら、むやみにサイトをいじるのではなく、きちんと中古ドメイン用の導入手順に従ってサイトを構築していきましょう。

301リダイレクトの設定

注意点はいくつかありますが、入手したドメインのバックリンクを無駄にしないために、現在のサイトに301リダイレクトするように設定することは忘れないようにしましょう。
ドメインのバックリンクは、そのままにしておくとサイトアドレスが変わったために404ステータスになります。
404ステータスのバックリンクは、リンクジュースを一切受け取れていません。
リンクジュースというのは、バックリンク数によってサイトの評価が変動するという概念を指していますが、サイトにアクセスできなければこの数が含まれず、SEO施策にはならないのです。
なお、リダイレクトには301リダイレクトと302リダイレクトがあり、前者は恒久的な転送、後者は一時的な転送となるため、長期的にバックリンク数による恩恵を受けたいのであれば、前者に設定する必要があります。
間違えないようにしましょう。

ドメインを使うサイトを考える

また、入手したドメインの使い方は、購入前にあらかじめ考えておく必要があります。
メインサイトとして使うのであれば、過去にトラブルを起こしていないサイトパワーのあるものをじっくり探す必要がありますが、上手に運用できる自信がない、中古のリスクを軽減したいという場合には、サテライトサイトとして使用するのがお勧めです。
いずれにしても、サイトを構築するときには、以前運用されていたサイトとジャンルを合わせることで過去の履歴や評価の効果を発揮できます。
ジャンルが似通っていれば、バックリンクのアンカーテキストの内容も類似することが多くなり、即効性も期待できます。

サブドメインの有無を調べて再現する

こうすることで、過去にアクセスしていたユーザーが興味を示して継続して閲覧する可能性が高くなりますし、Google側からの警告などのリスクも抑えられます。
Googleは悪質な評価アップのための行為に対してペナルティを設けていますが、以前使用されていたドメインを利用したサイト構築に関しても、不正使用を疑って警告をしたり、サイトの評価を大幅に下げたりしてくることがあります。
そのため、目視できる場合は過去のサイトを参考に構築し、徐々に手を加えていくのがお勧めです。

中古ドメインの効果を得るために注意事項を確認

このように、中古ドメインは誰にでも使い勝手の良いものばかりとは限りませんが、上手に使うことで以前のサイトの評価も加わり、新規ドメインよりもはるかに多くのメリットが得られます。
このような相乗効果を得るためには、まず、自分が運営しようとしているサイトの性質に見合ったドメインを探し、手を加えていかなければなりません。
ある程度知識があっても、高額な中古ドメインの目利きや適切なサイトの構築などはやはり難易度が高くなります。
サイトの構築や目的に合った有料の中古ドメインを自分で探すのが困難な場合には、業者に依頼するなどの方法も検討するとよいでしょう。

人気記事一覧